初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識

競馬初心者向けに、最低限知っておきたい基本的な競馬予想の方法・考え方、馬券の買い方・レース傾向などを気の向くままに書いています。

初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識 > 競馬の基礎知識 > ペースと脚質から馬の能力を見極める方法

ペースと脚質から馬の能力を見極める方法

time 2016/09/07

ペースと脚質から馬の能力を見極める方法

WEBや競馬新聞では、レース展開の早さを、H(ハイペース)、M(ミディアム)、S(スローペース)の3段階に分けて表示しています。これは、そのレースの平均的なペースと比べて早いかどうかを基準に決められます。
早さの参考タイムは、レースの全体の時計(走破時計)ではなく、レース前半の展開で決められるもので、逃げ・先行脚質の馬がペースに影響を与え、差し・追い込みの脚質がその影響を受けるという構図でレースが進みます。
つまり、前に位置する馬ほど展開に大きく影響を与え、後方に位置する馬ほどその影響を大きく受けます。

ペースと脚質は競馬予想において非常に重要です。
例えば、ハイペースに釣られて自分のペース以上の早さで走った逃げ馬は、必ず後半にツケが回ってきます。前半1秒無理をすると後半2秒遅れるということもありえます。2秒遅れというタイムは12馬身近くの差。順当に行けば馬券に絡んだはずの馬が下位に沈む理由には、このようなペースが原因だった可能性もあります。

展開の影響を与える/受ける脚質

有力馬が馬群に沈んでいったり、人気薄馬が優勝して大穴配当になったりなど、レース展開次第で結果が左右される場合があるのが競馬予想の醍醐味です。
この「レース展開」を決める「ペース」は、逃げ馬・先行馬によって決められます。
例えば逃げ馬が1頭で前半を楽々逃げている場合は、無理をする必要が無いのでスローペースになりやすく、逃げ馬が居ない場合もレースを引っ張る馬がいない分、お互いが牽制しあってスローペースになりやすくなります。
逆に逃げ馬が2頭以上いて先頭を奪い合うような展開ではハイペースになりやすくなります。
ただ、これはあくまでセオリーで、逃げ馬の力量や騎手の作戦、枠順などにも左右されます。
そのため、自分で逃げてペースを握った上で、最後まで逃げ続けて勝てる馬は本当に強い馬と言えるでしょう。

スローペースが逃げ・先行馬に有利な理由

逃げ馬が1頭だけ、もしくは逃げ馬が居ない場合の前半の展開は比較的スローペースになりやすいです。
理由は、逃げ馬が先頭を走れば、その他の馬は逃げ馬をマークするか離れて競馬をする事になります。そしてレースのペースはこの逃げ馬が自在に操ることが出来るので、自分に有利なペースを保ちながらレースを進められる事が出来るためです。
そうやってレースが進むと馬群はひと塊の団子状態になりやすく、全ての馬が最後に発揮する末脚を残したまま4コーナーを迎えます。
勝負どころを迎えたら、そこから皆一斉にヨーイドンのスタートでゴールまで一直線。
そうなると皆余力を残しているので、少しでも前を走っている馬が有利になります。特に前の馬が後ろの馬より余裕もあって早くスパートされてしまった場合には、もう後ろの馬が追いつくことは難しいでしょう。

ハイペースが差し・追い込み馬に有利な理由

逃げ馬が2頭以上いて枠順もさほど差がない場合、前半はレースの主導権を得るために競り合います。そうなると、それをマークする馬も競り合いの影響を受けてペースを乱されやすくなります。
前半を飛ばしすぎて脚を使い果たし、後半の余力がない馬は差し・追い込み馬の格好の餌食です。逃げ・先行馬のスピードが落ちた所を、後方の馬たちが一気追いつき抜き去っていく展開が生まれます。

因みに逃げ馬の能力が発揮出来る条件は、必ず先頭を走らなければならない訳ではなく、周囲に他馬が走っているか否かが重要です。
ですので、仮に2番手でも前後引き離して馬が居なければその馬に取っては逃げ状態とも言えます。

不利な展開で勝利した馬の能力は評価できる

このように、スローペースは逃げ・先行馬に有利。ハイペースは差し・追い込み馬に有利とされています。
その為、ハイペースで勝利した逃げ・先行馬、スローペースで勝利した差し・追い込み馬の能力は高く評価できるでしょう。

近走成績の着順に注目するときは、その時のペースも踏まえて評価しよう

◎ ハイペースでも着順が良かった逃げ馬・先行馬

ハイペースの展開ならば後半はバテて抜かれてしまう可能性が高い。しかし後半もスピードを落とさず前を走りきって連対を確保するような馬は能力が高いといえるでしょう。

○ スローペースで着順が良かった差し・追い込み馬

余力を残してスパートした先行馬を後ろから抜き去るには相応の末脚が必要。こうした馬の能力は高いと評価できるでしょう。
但し、4コーナーを回って馬群が1つの団子状の横一閃に並んでいるようなスローペースであれば、末脚が鋭い馬でなくても差せる展開だったとも言えるので、高評価を与えるには早計だと言えます。

○ ハイペースで負けた逃げ・先行馬と、スローペースで負けた差し・追い込み馬

どちらも展開が不向きだったので、着順・着差を見て程々の結果であるならば、次のレースは期待できるかもしれないので評価を下げることはない。
但し、逃げ・先行馬の場合、折り合いを欠いて自らはハイペースを招くような展開だった場合、馬・騎手のどちらか、もしくは両方に問題があると言えるでしょう。

△ スローペースで勝った逃げ・先行馬と、ハイペースで勝った差し・追い込み馬

有利な展開に恵まれて勝ったということなので必ずしも高評価は与えられない。逆にこの展開で負けるようならば、多少着順が上でも評価を落として良いかもしれない。

× スローペースで大敗した逃げ・先行馬と、ハイペースで大敗した差し・追い込み馬

展開に向いていたのに大敗したということは、他馬に比べて能力が劣っていると判断できる。体調が悪かった可能性もあるが、レースに出走しているので最低限の状態ではあったはず。こうした馬の評価は落として良いでしょう。

競馬で手っ取り早く的中率を上げる方法

これから紹介するのは競馬予想サイトではありません。
あくまで「あなたが考えて予想をする事」に変わりありません。
その的中率を上げる為、レース前日の18時以降に、誰でも分かる形で出走馬の評価を数値化してを提供してくれる無料サービスです。

それはうまコラボという競馬情報サイト!
独自のロジックではじき出した「コラボ指数」という数値を用いて出走馬の期待値を出してくれます。

»無料登録はこちらから。

例えば、その的中率は以下の通り。

コラボ@指数上位6位までをBOXで購入した場合の的中率です。

2017年02月19日(日)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
69.4% 100% 55.6% 86.1% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月18日(土)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
86.1% 100% 55.6% 83.3% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月13日(月)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
75% 91.7% 66.7% 83.3% 66.7% 41.7% 41.7%

このように平均よりかなり高い確率を示しています。
過去のデータもすべてを公表していますので、正式なデータであることが証明されています。

指数の定義

コラボ@指数は、4つの優良な情報を掛け合わせていい所取りをした指数です。
最も信頼できる馬の指数は[04]
最も信頼できない馬の指数は[72]となり、
指数が少なければ少ないほど、馬券に絡む可能性が高くなります。

指数の使い方

基本の考え方としては、指数6位以内の馬が、2着以内に入る可能性が非常に高いです。

3着以内を考えても、
比較的指数6位以内の馬で決着することが多いということを考えると、
指数6位以内の馬の馬連BOX、または3連複BOXが中心となります。

モチロン、他馬券種への応用もOKです、
上記点を意識した上で他馬券種への応用を行ってみて頂ければと思います。

登録はメールアドレスだけ。
YahooメールやGmailのようなフリーメールでもOKです。
»無料登録はこちらから。
にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ