初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識

競馬初心者向けに、最低限知っておきたい基本的な競馬予想の方法・考え方、馬券の買い方・レース傾向などを気の向くままに書いています。

中京競馬場のコースの特徴

time 2016/09/30

中京競馬場のコースの特徴

中京競馬場の特徴

長い直線とキツイ急坂

2012年にリニューアルオープンし、国内初のソーラーパネルを採用したエコな競馬場。
芝コースの最後の直線の長さは412.5mで京都競馬場を上回る長さ。新たに設置された坂の勾配は2%と中山競馬場に次ぐキツイ急坂。平坦で小回りだった以前の競馬場とは全く違う作りになった。
基本的にはタフさを要求されるコースで、速い上がりタイムを要求される他の競馬場で苦戦していた馬が、中京競馬場では大活躍することも大いに有り得る。

ペースの緩急が求められるアップダウン

中京競馬場の特徴は上りと下りのアップダウン。1コーナーから向こう正面半ばまでは緩やかな上り坂だが、そこから4コーナーまでは急な下り坂になる。ここで勢いが止まらないとカーブを上手く回りきれずに距離ロスをしてしまう。最後の直線には高低差2mの急坂が待ち受けていて、登りきった後に200mも走らなければゴールが出来ない。
他の競馬場とは一線を画したコース構成となっていて、ペースの緩急に自在に対応できる能力が求められる。

ダートコースは国内屈指のタフさが要求される

改修によってダートコース1週の距離は東京、京都に次ぐ3番目の長さ。直線は東京に次ぐ2番目の長さで、勾配の大きさも中山に次ぐ2番目の急坂。アップダウンの構成は芝コースとほぼ同じなので、芝コース以上のタフさが要求されるコース。

距離別のポイント

芝1200m

高松宮記念(G1)で使われるコース。コーナーの数が3つから2つに減り、実力馬が力を出しやすくなった。
3コーナーまで距離があるのでハイペースになりやすく先行・逃げより差し馬の方が優勢で、先行・逃げ馬同士で1着を争うことは少ない。

芝1400m

1200m同様ハイペースになりやすく、差し・追い込み馬の成績が良いが、下り坂を利用してスピードに乗れる外枠の先行馬も多く好走している。

芝1600m

2コーナーから外から被されるせいか1枠の成績が不振で、外枠は不利にはならないデータが出ている。

芝2000m

スタートが坂の途中から始まり、1コーナーまで距離があるのでスローペースの縦長展開になりやすい。
差し馬の好走例が多い。枠順の有利不利はないが、内枠の逃げ・先行馬は有利

芝2200m

スタンド前の長い直線を抜けて1コーナーに入るため、急坂を登らなければならず途中でバテないタフさが必要とされる。

ダート1200m

スタートから220m緩い上り坂が続く。3コーナーまで距離があるのでペースは落ち着く傾向。内枠の逃げ・先行馬が有利

ダート1400m

2コーナー奥のポケットからスタートするため、ダートコースに入るまで200mも芝を走ることになる。ここで先手争いが激しくなるのでハイペースになりやすく、ダート1200mとは全く違った展開を見せる。
ハイペースになりやすいが先行馬の成績も良く、差し・追い込み馬が届かないことが多い。急坂が原因と考えられ、他の競馬場の1400mの実績はあまり参考にはならない。

ダート1800m

上り坂の途中からのスタートなので、構造は芝2000mと似ている。芝ほどハイペースにはならず、平均~ハイペースが多い。枠順は関係なく逃げ・先行馬の成績が良い

中京競馬場の脚質割合

集計:2012~2015年の全レース

場所・距離 レース数 逃げ 先行 差し 追込 マクリ
中京・芝1200m 81 8.6% 23.5% 51.2% 16.7% 0.0%
中京・芝1400m 135 10.7% 30.7% 44.1% 14.1% 0.4%
中京・芝1600m 100 9.0% 33.5% 42.5% 14.5% 0.5%
中京・芝2000m 136 9.9% 30.1% 49.3% 9.9% 0.7%
中京・芝2200m 62 4.0% 33.1% 46.0% 14.5% 3.2%
中京・ダ1200m 119 24.8% 43.7% 23.9% 7.6% 0.0%
中京・ダ1400m 143 15.7% 36.7% 37.8% 9.8% 0.0%
中京・ダ1800m 210 21.4% 46.2% 25.0% 5.2% 2.1%
中京・ダ1900m 41 19.5% 46.3% 24.4% 7.3% 2.4%
中京・ダ2500m 1 0.0% 50.0% 50.0% 0.0% 0.0%
514 9.0% 30.3% 46.5% 13.5% 0.8%
ダート 514 20.4% 43.0% 28.3% 7.2% 1.1%
全体 1028 15.2% 36.6% 37.4% 10.4% 0.9%

競馬で手っ取り早く的中率を上げる方法

これから紹介するのは競馬予想サイトではありません。
あくまで「あなたが考えて予想をする事」に変わりありません。
その的中率を上げる為、レース前日の18時以降に、誰でも分かる形で出走馬の評価を数値化してを提供してくれる無料サービスです。

それはうまコラボという競馬情報サイト!
独自のロジックではじき出した「コラボ指数」という数値を用いて出走馬の期待値を出してくれます。

»無料登録はこちらから。

例えば、その的中率は以下の通り。

コラボ@指数上位6位までをBOXで購入した場合の的中率です。

2017年02月19日(日)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
69.4% 100% 55.6% 86.1% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月18日(土)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
86.1% 100% 55.6% 83.3% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月13日(月)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
75% 91.7% 66.7% 83.3% 66.7% 41.7% 41.7%

このように平均よりかなり高い確率を示しています。
過去のデータもすべてを公表していますので、正式なデータであることが証明されています。

指数の定義

コラボ@指数は、4つの優良な情報を掛け合わせていい所取りをした指数です。
最も信頼できる馬の指数は[04]
最も信頼できない馬の指数は[72]となり、
指数が少なければ少ないほど、馬券に絡む可能性が高くなります。

指数の使い方

基本の考え方としては、指数6位以内の馬が、2着以内に入る可能性が非常に高いです。

3着以内を考えても、
比較的指数6位以内の馬で決着することが多いということを考えると、
指数6位以内の馬の馬連BOX、または3連複BOXが中心となります。

モチロン、他馬券種への応用もOKです、
上記点を意識した上で他馬券種への応用を行ってみて頂ければと思います。

登録はメールアドレスだけ。
YahooメールやGmailのようなフリーメールでもOKです。
»無料登録はこちらから。
にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ