初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識

競馬初心者向けに、最低限知っておきたい基本的な競馬予想の方法・考え方、馬券の買い方・レース傾向などを気の向くままに書いています。

京都競馬場のコースの特徴

time 2016/09/26

京都競馬場のコースの特徴

京都競馬場の特徴

心臓破りの坂

3コーナーに小高い丘のように設けられた坂の高低差は、外回りで4.3m、内回りで3.1mもある。向こう正面半ばから3コーナーにかけて上り、4コーナーにかけて下る。最近は坂の下りで勢いをつけて直線へ向かうパターンのレース展開が増えている。3コーナーの急なアップダウンは難所だが、ここさえ上手くこなせば他は平坦なので速い時計が出やすい。

内回りは先行有利

外回りに比べるとコンパクトなコースなので先行有利。

外回りは差し・追い込み有利

外回りの直線は404mあり、新潟・東京に次ぐ3番めの長さ。さらに平坦なので差し・追い込み馬が好走しやすい。

距離別のポイント

芝1200m・内回り

3〜4コーナーで180度近く曲がり、外に振られやすい傾向があるため内枠が有利。また最後の直線が平坦で短いので、逃げ・先行馬が有利。

芝1400m・外回り

4コーナー出口で馬群が膨らみやすく、有利にレースをしていた先行馬が加速がつきすぎてコーナリングを失敗すると、脚を溜めていた後続馬に内側を抜き去られることもある。短距離なので先行することは良いが、必ずしも逃げ・先行馬有利な訳ではない。

芝1600m・外回り

例えばマイルCSでは複数年に渡って同じ馬が活躍するなど、脚質よりコース適性が重要。
最初のコーナーまで700mもあるので枠順に有利不利はない。コーナーも2回しか無く最後の直線も平坦で400m以上あるため、他の競馬場同様に芝のマイル戦は逃げ切りが難しく、差し・追い込み馬の好走が多い。

芝1800m・外回り

2コーナー奥のポケットからのスタートし、3コーナーまでが直線900mと長いため枠順は関係ない。
2つしかコーナーが無く、直線が平坦なので時計は速くなり、各馬の上がり差もつきにくい。その為、直線だけで差し切るのは難しいので、差し・追い込み馬はその前に差を詰めておく必要がある。

芝2000m・内回り

エリザベス女王杯(G1)のコース。
1コーナーまで400mあるため枠順は問わない。近年はスローペースで上がりの速い競馬が多く、3コーナーの下り坂から一気にペースが上がり、ロングスパートの末脚勝負になるので、速い上がりタイムがある馬が有利。差し・追い込み馬もある程度の位置を取らないと届かないことが多い。

芝2400m・外回り

1コーナーまでの距離は600m近くあるので枠順に有利不利はない。
スローペースで上がりの速い勝負になりやすく、どちらかと言えば差し馬が有利だが、スタート後の直線が長いため競り合えばハイペースになる場合も大いに有り得る。展開や馬場状態によって結果が大きく変わる可能性を含んだコース。

芝3000m・外回り

菊花賞と万葉Sでのみ使用される特別なコース。
コーナーが6回ある上に、スタートしてすぐにコーナーを回るため距離のロスが少ない内枠有利の傾向にある。

芝3200m・外回り

天皇賞春(G1)だけに使用されるコース。
過去に逃げ切った馬は殆ど居なく、逃げ馬には厳しいコース。前半はスローペースだが、2周目3コーナーあたりからペースアップすることが多い。その辺りから徐々にポジションを上げて好位置に付き、ロングスパートを決めるのが王道。

ダート1200m

枠順の影響はあまり無いが、多頭数の大外枠は不利。基本的には逃げ・先行有利。

ダート1800m

好位置にを確保しづらい外枠はかなり不利。上位は内枠の逃げ・先行馬に集中している

京都競馬場の脚質割合

集計:2011~2015年の全レース

場所・距離 レース数 逃げ 先行 差し 追込 マクリ
京都・芝1200m 149 19.8% 43.0% 27.9% 9.4% 0.0%
京都・芝1400m 179 14.8% 36.0% 40.8% 8.4% 0.0%
京都・芝1600m 293 17.9% 38.9% 32.9% 10.1% 0.2%
京都・芝1800m 212 11.3% 42.0% 37.3% 9.2% 0.2%
京都・芝2000m 186 15.3% 42.5% 27.7% 11.3% 3.2%
京都・芝2200m 72 11.1% 46.5% 36.1% 6.3% 0.0%
京都・芝2400m 75 13.3% 42.0% 31.3% 9.3% 4.0%
京都・芝3000m 10 10.0% 55.0% 20.0% 10.0% 5.0%
京都・芝3200m 5 10.0% 20.0% 60.0% 0.0% 10.0%
京都・ダ1200m 378 19.0% 49.6% 24.9% 6.6% 0.0%
京都・ダ1400m 392 18.2% 43.4% 28.8% 9.6% 0.1%
京都・ダ1800m 519 18.0% 48.5% 24.4% 4.6% 4.5%
京都・ダ1900m 96 20.8% 46.9% 24.0% 4.7% 3.6%
1181 15.3% 40.8% 33.5% 9.4% 0.9%
ダート 1385 18.6% 47.2% 25.7% 6.6% 2.0%
全体 2566 17.0% 44.3% 29.3% 7.9% 1.5%

競馬で手っ取り早く的中率を上げる方法

これから紹介するのは競馬予想サイトではありません。
あくまで「あなたが考えて予想をする事」に変わりありません。
その的中率を上げる為、レース前日の18時以降に、誰でも分かる形で出走馬の評価を数値化してを提供してくれる無料サービスです。

それはうまコラボという競馬情報サイト!
独自のロジックではじき出した「コラボ指数」という数値を用いて出走馬の期待値を出してくれます。

»無料登録はこちらから。

例えば、その的中率は以下の通り。

コラボ@指数上位6位までをBOXで購入した場合の的中率です。

2017年02月19日(日)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
69.4% 100% 55.6% 86.1% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月18日(土)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
86.1% 100% 55.6% 83.3% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月13日(月)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
75% 91.7% 66.7% 83.3% 66.7% 41.7% 41.7%

このように平均よりかなり高い確率を示しています。
過去のデータもすべてを公表していますので、正式なデータであることが証明されています。

指数の定義

コラボ@指数は、4つの優良な情報を掛け合わせていい所取りをした指数です。
最も信頼できる馬の指数は[04]
最も信頼できない馬の指数は[72]となり、
指数が少なければ少ないほど、馬券に絡む可能性が高くなります。

指数の使い方

基本の考え方としては、指数6位以内の馬が、2着以内に入る可能性が非常に高いです。

3着以内を考えても、
比較的指数6位以内の馬で決着することが多いということを考えると、
指数6位以内の馬の馬連BOX、または3連複BOXが中心となります。

モチロン、他馬券種への応用もOKです、
上記点を意識した上で他馬券種への応用を行ってみて頂ければと思います。

登録はメールアドレスだけ。
YahooメールやGmailのようなフリーメールでもOKです。
»無料登録はこちらから。
にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ