初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識

競馬初心者向けに、最低限知っておきたい基本的な競馬予想の方法・考え方、馬券の買い方・レース傾向などを気の向くままに書いています。

人気薄を狙うなら3連複予想

time 2017/05/16

人気薄を狙うなら3連複予想

高配当が見込めながら、3連単ほど的中率がシビアではないのが3連複馬券の魅力だと思います。
選んだ馬が順番関係なく3頭入れば的中なので、馬連で軸馬がクビ差・ハナ差で3着になってしまった時の心配はありません。
個人的な感想ですが、3連複に向いたレースを効率的な選択できれば、安定的に回収率をプラスにしやすいので、競馬で稼いでいる人が最も多く買う馬券なのでは無いかと思ってます。

3連複馬券の平均配当はどのくらい?

2016年のJRA全レースのデータを元に、3連複の平均配当を算出しました。

条件 レース数 平均配当
2歳・新馬  150 21835円
2歳・未勝利  157 13778円
2歳・500万  8 8000円
2歳・オープン  18 9528円
 3歳・新馬  55 30765円
3歳・未勝利  816 26016円
3歳・ 500万  139 16043円
3歳・ オープン  53 14949円
古馬・ 500万  724 25427円
古馬・1000万  338 20396円
古馬・1600万  141 20132円
古馬・ オープン  128 17729円

3連複の平均配当は20707円でした。
※2歳500万と2歳オープンはレース数が少なくデータの信頼性が低いので除外

馬単で10961円でしたので、平均で馬単の約2倍の配当が見込めるようです。

3連複馬券の的中率はどのくらい?

仮に1点買いをする場合、

18頭立ての買い目点数は816通り。的中率は0.12%(1÷816×100)。
12頭立ての買い目点数は220通りになり、的中率は0.45%になります。

つまり、3連複は数十点の馬券を買わないと的中する可能性は低いのです。
大抵は的中率を上げるため、期待値の高い馬を絡めたり、オッズと相談しながら10~30点前後の買い目になってきます。

損をしないオッズと買い目は合成オッズを参考にすると良いでしょう。

どんな場合に3連複馬券を買うべき?

大事なのは回収率

例えば、合計1万円の3連複馬券を10レース分買った場合の投資金額は10万円。そのうち1回でも20万円の配当に当たれば回収率は200%です。的中率は10%と一見低いように見えますが、このくらいの高配当が1回でも出ればプラス収支に出来るのが3連系馬券の魅力です。

人気馬と人気薄馬の組み合わせ

すべての馬券種に共通することですが「人気馬と人気馬を組み合わせた本命馬券」は、目下の1~2レースは当たっとしても、数ヶ月単位で見れば「ほぼ100%と言っていいほどマイナス収支」になります。
安定的にギャンブルでプラス収支にする近道は、毎回的中させるために低オッズを狙うのではなく、数レースにに1回、中~高配当を出し続けることです。ですので、軸馬を人気馬にするなら必然的に相手は人気薄馬ということになります。

人気薄の期待値が高い場合、あえて人気薄を軸馬にするというのも良いでしょう。的中すれば高配当間違いなしです。

3連複馬券の購入を検討する場面

・人気馬が2頭いて馬連・馬単の配当が期待できない場合で、3着馬に人気薄馬が滑りこみそうな場面
・軸馬が3着になった時の保険
・自信のある固い軸馬が1頭がいて、2~3頭高配当が狙えそうな面白い馬がいる場面

こんな場面に3連複が向いているといえます。

3連複馬券の買い方

3連複で馬券を購入するスタイルは以下の3パターンです。

BOX買い

指定した馬を全通り買う方法です。

メリットは軸馬を決めなくても良いので的中率が高い。
デメリットは買い目点数が多くなりすぎる点です。

更にBOX買いは、人気薄馬同士の組み合わせの馬券も購入することになるので、的中しても差し引きがマイナスになる場合も大いに有りえます。
その反面、3着内馬が全て人気薄だった場合、思わぬ超高配当を手にすることが出来ますが、望みは極めて薄いでしょう。

買い目点数が少なすぎてもダメですが、多すぎるとマイナスになる可能性もあるので、オッズを計算しながら適度な点数で購入することが重要な買い方です。

軸1頭・2頭流し

メリットはBOX買いより買い目点数を絞れる。
デメリットは軸が来ない場合総崩れになる点です。

軸1頭流しは、3着までに入る可能性が高い1頭を軸とし、3着までの相手を複数頭選びます。
相手が5頭の場合、買い目は10点になります。

軸2頭流しは1頭流しより買い目の点数を絞れます。
相手が5頭の場合、買い目は5点になります。
これはワイド1点を的中させ、相手の3頭目も的中させるという位高難易度です。

フォーメーション

メリット・デメリット共にBOX買いと軸流しの中間のような位置づけです。
BOX買いよりも買い目を減らしつつ、1頭軸流しよりも的中率を上げるような、両者のいいとこ取りとも言えます。点数がBOX程多すぎるとリスクが高くなるので、買い目点数は12~20点程度が良いでしょう。

1-4-8(買い目点数15)

必ずに馬券に絡む馬を1頭を選ぶ方法です。
3着は8頭まで選べるので、連対馬に自信がある場合にオススメです。
1着を外せば総崩れというデメリットもあります。

2-6-6(買い目点数16)

必ずに馬券に絡む馬を2頭選ぶことが出来るのが最大のメリットです。
3着馬の数は減りますが、2頭どちらかが3着以内に入れば的中率が上がります。

3-6-6(買い目点数19)

軸馬を3頭選べるので、最も安心感が高いフォーメーションで初心者の方にもオススメです。

1-6-9(買い目点数25)

点数は多くなりますが1~9番人気まで変えるという点では初心者にもオススメです。

3連複を買う前に確認

3連複は高配当が狙える分、外れるリスクが非常に高い馬券です。
その為、購入する前に「本当に3連復を買うべきか?」ということを自問しましょう。

・軸馬の期待値に不安はないか?
・人気馬と人気薄の組み合わせを意識しているか?
・中穴~大穴が期待できるレースなのか?

まずは中~高配当が狙えるレースでなければなりません。
これまで説明したように、18頭立てで816通リもある買い目で、オッズが2~30倍程度の本命馬券を買っても仕方ありません。外れるリスクが高いのに当たった配当が低ければ意味が無いのです。

最初は点数が20~30点でも構いません。このような事に注意しながら、慣れてきたら条件を厳しくして買い目を絞るのが、回収率をプラスにするコツだと思います。

競馬で手っ取り早く的中率を上げる方法

これから紹介するのは競馬予想サイトではありません。
あくまで「あなたが考えて予想をする事」に変わりありません。
その的中率を上げる為、レース前日の18時以降に、誰でも分かる形で出走馬の評価を数値化してを提供してくれる無料サービスです。

それはうまコラボという競馬情報サイト!
独自のロジックではじき出した「コラボ指数」という数値を用いて出走馬の期待値を出してくれます。

»無料登録はこちらから。

例えば、その的中率は以下の通り。

コラボ@指数上位6位までをBOXで購入した場合の的中率です。

2017年02月19日(日)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
69.4% 100% 55.6% 86.1% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月18日(土)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
86.1% 100% 55.6% 83.3% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月13日(月)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
75% 91.7% 66.7% 83.3% 66.7% 41.7% 41.7%

このように平均よりかなり高い確率を示しています。
過去のデータもすべてを公表していますので、正式なデータであることが証明されています。

指数の定義

コラボ@指数は、4つの優良な情報を掛け合わせていい所取りをした指数です。
最も信頼できる馬の指数は[04]
最も信頼できない馬の指数は[72]となり、
指数が少なければ少ないほど、馬券に絡む可能性が高くなります。

指数の使い方

基本の考え方としては、指数6位以内の馬が、2着以内に入る可能性が非常に高いです。

3着以内を考えても、
比較的指数6位以内の馬で決着することが多いということを考えると、
指数6位以内の馬の馬連BOX、または3連複BOXが中心となります。

モチロン、他馬券種への応用もOKです、
上記点を意識した上で他馬券種への応用を行ってみて頂ければと思います。

登録はメールアドレスだけ。
YahooメールやGmailのようなフリーメールでもOKです。
»無料登録はこちらから。
にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ