初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識

競馬初心者向けに、最低限知っておきたい基本的な競馬予想の方法・考え方、馬券の買い方・レース傾向などを気の向くままに書いています。

初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識 > 競馬の基礎知識 > 内枠・外枠の勝率の違いはどのくらいあるのか?

内枠・外枠の勝率の違いはどのくらいあるのか?

time 2016/08/01

内枠・外枠の勝率の違いはどのくらいあるのか?

内枠が有利と言われているが実際の確率は?

競馬は人間の陸上競技のように、セパレートコースになっていてスタート位置が均等にずらされてはいません。
明確な理由は分かりませんが、馬は人間とは違って分割された自分のコースのみを走らせることが不可能だからでしょうか?
また、道中の位置取りの妙も競馬の醍醐味の1つだからなのかもしれません。

理由はとにかく、内枠も外枠もスタート位置が同じなので、走る距離が少ない内枠が一版的に有利だと言われています。
但し1点、「芝の状態」という人間の競技と違う不確定要素を加味する必要があります。
上記のように、内枠有利は周知の事実。そのため芝のコースは皆がインコースを走ろうとするため、レースが後半になるほどインコースの芝が傷んで走りにくくなる傾向にあります。特に不良馬場の日などは尚更です。
内枠を走るにはスタート直後に直ぐに内に入ることですが、他馬がいるため困難です。後はタイミングを遅らせてスタートしなければならず、いずれにしろ障害が多く発生します。

内枠と外枠の距離の差は?

トラックを図形で表すと、2つの半円と直線で構成されています。
距離の差が出るのは半円の部分です。
「円周=直径×π」なので、トラック1周の距離は直径の約3倍です。
つまり、2m外側に出ると、半径が2m(直径では4m)長くなるので、トラック1周では約12m長くなります。

以上のように、内枠・外枠の差は直線では影響しません。コーナーを回る場合に発生しますので、コーナーの数で分けた表で確認してみます。

では実際、内枠と外枠ではどのくらい着順に影響があるのでしょうか?
2010~2014年の1000万条件以上で、14頭以上出走の良馬場の全レースの統計から分析してみます。

コーナーが2回ある芝レースの場合

馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1番 61-41-52-597/751 8.1% 13.6% 20.5% 80% 85%
2番 66-52-35-592/745 8.9% 15.8% 20.5% 124% 82%
3番 43-59-60-586/748 5.7% 13.6% 21.7% 58% 93%
4番 56-61-57-576/750 7.5% 15.6% 23.2% 77% 94%
5番 43-43-52-613/751 5.7% 11.5% 18.4% 51% 62%
6番 39-60-53-598/750 5.2% 13.2% 20.3% 48% 80%
7番 50-40-47-613/750 6.7% 12.0% 18.3% 83% 82%
8番 46-56-43-603/748 6.1% 13.6% 19.4% 78% 74%
9番 42-44-38-624/748 5.6% 11.5% 16.6% 60% 65%
10番 42-42-64-602/750 5.6% 11.2% 19.7% 100% 98%
11番 40-43-41-625/749 5.3% 11.1% 16.6% 79% 66%
12番 42-32-48-629/751 5.6% 9.9% 16.2% 56% 78%
13番 46-47-36-617/746 6.2% 12.5% 17.3% 73% 72%
14番 41-44-46-616/747 5.5% 11.4% 17.5% 83% 78%
15番 35-36-33-553/657 5.3% 10.8% 15.8% 115% 67%
16番 34-22-29-456/541 6.3% 10.4% 15.7% 87% 75%
17番 14-19-11-209/253 5.5% 13.0% 17.4% 83% 87%
18番 12-10-9-164/195 6.2% 11.3% 15.9% 101% 96%

1~4番の内枠と15~18番の外枠を色付けして比較してみました。
差は現れていますが、勝率、連帯率は1~3%程度と大きな差はありません。
複勝率は5%以上と無視できない差になっています。

馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1~9番 446-456-437-5402/6741 6.6% 13.4% 19.9% 73% 79%
10番~ 306-295-317-4471/5389 5.7% 11.2% 17.0% 85% 78%

続いて、内枠と外枠を2つに分けた場合です。
確かに内枠の方が高い数値ですが、1~2%程度と誤差に近い数値ですので、コーナーが2つのレースでは気にするほどではない程度の結果です。

コーナーが4回ある芝レースの場合

馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1番 18-19-22-232/291 6.2% 12.7% 20.3% 55% 68%
2番 30-23-26-212/291 10.3% 18.2% 27.1% 101% 100%
3番 28-19-23-220/290 9.7% 16.2% 24.1% 128% 86%
4番 27-20-24-220/291 9.3% 16.2% 24.4% 79% 99%
5番 23-17-22-229/291 7.9% 13.7% 21.3% 118% 87%
6番 21-11-22-237/291 7.2% 11.0% 18.6% 46% 86%
7番 21-17-23-229/290 7.2% 13.1% 21.0% 62% 69%
8番 19-25-10-236/290 6.6% 15.2% 18.6% 80% 66%
9番 14-24-17-235/290 4.8% 13.1% 19.0% 38% 64%
10番 13-20-23-234/290 4.5% 11.4% 19.3% 33% 77%
11番 16-21-15-238/290 5.5% 12.8% 17.9% 72% 62%
12番 20-17-16-238/291 6.9% 12.7% 18.2% 71% 57%
13番 13-20-15-242/290 4.5% 11.4% 16.6% 52% 58%
14番 10-17-12-252/291 3.4% 9.3% 13.4% 24% 72%
15番 9-6-13-180/208 4.3% 7.2% 13.5% 45% 50%
16番 4-11-3-151/169 2.4% 8.9% 10.7% 36% 40%
17番 3-2-3-61/69 4.3% 7.2% 11.6% 61% 29%
18番 2-4-2-44/52 3.8% 11.5% 15.4% 43% 101%

コーナーが4回になると、如実に差が現れます。
やはりコーナー数が多いほど距離が長くなるため結果に表れると思います。
17番と18番の数値はサンプル数が少ないため、数値が定まっていないものと思われますが、複勝率は1~4番と比べて10%以上の差が出ています。

馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1~9番 201-175-189-2050/2615 7.7% 14.4% 21.6% 79% 80%
10番~ 90-118-102-1640/1950 4.6% 10.7% 15.9% 49% 61%

内枠と外枠を2つに分けた場合、勝率で3%、連対率・複勝率で5~6%の差が表れました。

以上の事からコーナーが多い=距離が長くなればなるほど外枠が不利になる傾向があることが分かります。

外枠の馬を選んでも良い場合は?

オッズはかなり正確に馬の強さを表してくれます。
つまりオッズが低い馬は、能力の低い馬ということになるので、そういった馬が勝つには内枠でアドバンテージを得る他ありません。
一方、外枠でも勝てる馬=オッズの高い馬(能力の高い馬)ということになるので、コーナーが多いレース程このデータを参考にして予想するのが良いと思います。

脚質によっても得意・不得意が変わる

基本的に内枠有利というデータですが脚質によっても変化します。

・先行脚質の馬は得意な位置取りのハードルが高い外枠は特に不利
・コーナーをスピードを落とさずに走りやすい外枠は、「差し馬・追い込み馬」の場合は有利に働く

差し馬・追い込み馬の場合でも距離的に不利なことは変わりませんが、メリットもあるという事です。
大外から最後尾の馬が一気に抜き去るというのは、競馬ではしばしば見られる光景ですね。

ダートの場合は内枠有利では無い!?

ダートの場合は芝とはまた違う結果が出ます。

コーナーが2回あるダートレースの場合

馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1番 7-11-6-82/106 6.6% 17.0% 22.6% 68% 63%
2番 14-8-12-73/107 13.1% 20.6% 31.8% 78% 101%
3番 7-9-10-81/107 6.5% 15.0% 24.3% 39% 104%
4番 9-15-9-74/107 8.4% 22.4% 30.8% 45% 105%
5番 5-10-11-81/107 4.7% 14.0% 24.3% 25% 112%
6番 6-5-6-89/106 5.7% 10.4% 16.0% 47% 63%
7番 11-6-3-87/107 10.3% 15.9% 18.7% 139% 58%
8番 13-5-6-83/107 12.1% 16.8% 22.4% 187% 122%
9番 5-7-8-87/107 4.7% 11.2% 18.7% 78% 67%
10番 1-4-6-96/107 0.9% 4.7% 10.3% 13% 28%
11番 7-3-3-94/107 6.5% 9.3% 12.1% 86% 41%
12番 12-5-2-88/107 11.2% 15.9% 17.8% 119% 76%
13番 4-8-4-91/107 3.7% 11.2% 15.0% 50% 70%
14番 3-2-7-95/107 2.8% 4.7% 11.2% 38% 31%
15番 1-5-9-62/77 1.3% 7.8% 19.5% 2% 131%
16番 3-3-4-52/62 4.8% 9.7% 16.1% 30% 39%
17番 0-0-1-9/10 0.0% 0.0% 10.0% 0% 171%
18番 0-0-0-8/8 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

サンプルのレース数が107と少ないですが、3番目に高い勝率が馬番12、1番高い複勝率が馬番4と、内枠と外枠で数値がばらつきがあり、芝とは違う傾向を示しています。

この理由は恐らく、ダートは砂の上を走るため内枠の馬ほど跳ね上がった砂が顔にかかります。そうなると、走りに影響が出る場合もあり、やる気を無くして後退することも少なくありません。馬は非常に繊細な生き物なので、ちょっとしたことでイラついたり気分を落としてしまいやすいのです。
そのため、ダートでは芝ほど内枠を狙う必要性は無いので、このように数値が分散するものと思われます。

競馬で手っ取り早く的中率を上げる方法

これから紹介するのは競馬予想サイトではありません。
あくまで「あなたが考えて予想をする事」に変わりありません。
その的中率を上げる為、レース前日の18時以降に、誰でも分かる形で出走馬の評価を数値化してを提供してくれる無料サービスです。

それはうまコラボという競馬情報サイト!
独自のロジックではじき出した「コラボ指数」という数値を用いて出走馬の期待値を出してくれます。

»無料登録はこちらから。

例えば、その的中率は以下の通り。

コラボ@指数上位6位までをBOXで購入した場合の的中率です。

2017年02月19日(日)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
69.4% 100% 55.6% 86.1% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月18日(土)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
86.1% 100% 55.6% 83.3% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月13日(月)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
75% 91.7% 66.7% 83.3% 66.7% 41.7% 41.7%

このように平均よりかなり高い確率を示しています。
過去のデータもすべてを公表していますので、正式なデータであることが証明されています。

指数の定義

コラボ@指数は、4つの優良な情報を掛け合わせていい所取りをした指数です。
最も信頼できる馬の指数は[04]
最も信頼できない馬の指数は[72]となり、
指数が少なければ少ないほど、馬券に絡む可能性が高くなります。

指数の使い方

基本の考え方としては、指数6位以内の馬が、2着以内に入る可能性が非常に高いです。

3着以内を考えても、
比較的指数6位以内の馬で決着することが多いということを考えると、
指数6位以内の馬の馬連BOX、または3連複BOXが中心となります。

モチロン、他馬券種への応用もOKです、
上記点を意識した上で他馬券種への応用を行ってみて頂ければと思います。

登録はメールアドレスだけ。
YahooメールやGmailのようなフリーメールでもOKです。
»無料登録はこちらから。
にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ