初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識

競馬初心者向けに、最低限知っておきたい基本的な競馬予想の方法・考え方、馬券の買い方・レース傾向などを気の向くままに書いています。

初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識 > 競馬の基礎知識 > 初心者にオススメしたいレースと馬の選び方

初心者にオススメしたいレースと馬の選び方

time 2016/07/21

初心者にオススメしたいレースと馬の選び方

どんなレースにどんな賭け方をすれば良いのか?

初心者だと、どんなレースを狙えばよいのか、どんな馬券を買えば良いのか分からないと思います。

初心者から中級者を目指す方にオススメしたい競馬の仕方

1.賭け金は数百円から数千円に抑える。
2.収支は1レース毎に一喜一憂しない。2~3ヶ月の長期スパンで見る。
3.出走頭数の多いレースは避ける
4.1.0~2.9倍程度の低すぎるオッズには賭けない
5.合成オッズを参考に、損失を抑えた多点買いを心がける
6.1日に使う金額を決めて、勝ち負けにかかわらずそれ以上は使わない

の6点です。理由は、

・まず最初は外れることが当たり前
・毎日勝つことなど有りえない
・頭数が少ないほど予想がしやすい
・低い賭け金なので、配当が期待できない
・ある程度高いオッズを狙うので1点買いは厳しい
・競馬というよりギャンブルの心構え(数も1日3~4レース程度が良い)

簡潔に言うとこれが理由です。
1と6を抑えるのが難しいのがギャンブルの落とし穴。私もこの掟を破ってしまうことがしばしばあります・・・

競馬の現実を身を持って体感しよう

初心者にも分かりやすく楽しめるのが、「有名馬・人気の高い馬がいるレース」です。
最初はよく分からない馬ばかり出走するレースを見ても興味を持ちにくいですし、何故勝ったのか負けたのかもわかりづらいと思います。

自分が知っている馬や重賞で皆が期待する馬の出走するレースを沢山見て下さい。
恐らく考えていた以上の確率でその馬は1着に入りません。何十レースも見ればその感覚が分かってくると思います。そしてただ何となく見るだけでなく、

そこで何故この人気馬が負けて、この馬が1着なのか?
どんなレース展開で人気馬が負けていくのか?

と言った「負け方」の原因を自分なりに考えて注目してみてください。
その感覚に慣れていくと、安易に本命サイドの馬に注目してしまう初心者のクセのような物が無くなってくるはずです。

実際、JRAの単勝1番人気の勝率を、2007年1月~2012年8月31日の約5年半の統計で取ってみると、
平均勝率は約32.0%でした。これが実力馬が揃う重賞に限定した場合はもう少し低くなるでしょう。

ちなみに2着以内に入る「連帯率」51.4%、3着以内に入る「複勝率」は64.2%と、2レースに1回は馬券に絡んできます。しかし、逆に考えれば50%の確率で1番人気が馬券に絡む事は無いので、思い切って本命以外の馬を賭けてみるべきだと思うのです。

出来るだけ「本命過ぎず大穴過ぎない馬」を選ぶ

「いやいや?意外と勝ってるじゃん!あと、半分以上の確率で馬券に絡むならやっぱり本命重視が一番では?」と思うかもしれませんが、世の中そう甘くはありません。
確かに本命サイドを買い続ければ高確率で的中して損失は少ないでしょうし、儲けが出ることもあるでしょう。
しかし数ヶ月単位の長いスパンで見ると、普通に本命サイドの馬券だけ勝っていてはどう頑張っても回収率は70%程度に落ち着きます。ちょっと運が悪ければ60%を切るでしょう。
これは統計的にも明らかですし、もし本命だけ買って勝てるなら機械的に全レースの1番人気を自動で購入するシステムを作った人は働かずに大儲け出来てしまいます。

かと言って大穴は滅多に無い上に、的中させるには買い目を多くしなければならないので、仮に的中しても大きな儲けにならないことがあります。

ではどうすれば儲ける可能性が出るのか?
そこでオススメしたいのが、本命でも大穴でも無い「中穴」を選ぶ方法です。

オッズというものは様々な考え方・思惑を持つ数千から数万人、時には数十万人の人間の意思の集合が数値として現れます。これは本当に良く出来ていて、実際にかなりの確率で未来の結果を示しています。その要因は恐らく、競馬は皆が同じ情報を共有出来るため答えが一致しやすいからだと思います。

しかし株取引と同じように、多くの人が少し過小評価している、もしくは皆あまりその価値に気づいていない割安な馬というものが1日のレースの中にも多々存在しています。

オッズにして大体20~30倍程度、特に割安だと判断して期待した馬を流しで買った場合など、100倍以上の万馬券も十分狙えます。
もちろん、大体のレースはオッズの通リに運ぶので的中率は決して高くはありません。
競馬を始めた頃は20レース以上連続して外すなんてこともザラにありましたが、経験を積むことで少しづつですがその精度が上がってきています。

どうやって中穴の馬が来そうなレースを見つけるのか?

本命の信頼度が低い時に穴を狙うのが基本的な考え方です。
統計的にもやはり悪い条件が重なったとき程、レースが荒れる確率は高くなります。

距離の長いレースを狙う

2007年1月~2012年8月31日のJRAのデータを参考にすると、以下の様なレースが本命サイド以外の馬が入着しやすいようです。

■単勝1番人気の勝率・連対率

・芝2500m以上
勝率26.9% 連対率45.1%

・ダート2100m
勝率25.6% 連対率52.6%

・ダート2400m
勝率27.1% 連対率49.0%

上で紹介したように、トータルでは勝率32.0%・連対率51.4%なのに対して、これらのレースだけ見るとここまで数字が落ちます。距離が長いレースは狙い目です。

1番人気でも単勝オッズ4.0以上の馬は信頼出来ない

同じくJRAのデータを参考にすると、

単勝4.0~ 4.9倍=勝率14.7%・連対率28.6%
と信頼度が一気に落ちます。
1.9倍以下の場合と比べるとよくわかると思います。
単勝1.0~ 1.4=勝率62.1%・連対率81.1%
単勝1.5~ 1.9=勝率45.2%・連対率65.6%

やはり皆どの馬か決めかねているのがオッズにも現れているようです。
他には、

・芝不良
・18頭立のレース
・休み明けの馬(3ヶ月~6ヶ月以上の長期)が1番人気

のレースが荒れるレースが多い傾向にあります。
頭数が増えれば増えるほど1番人気の勝率は下がる傾向にありますが、予想がしづらくなるので、ここも間をとって13~14頭程度をオススメしたいです。

競馬で手っ取り早く的中率を上げる方法

これから紹介するのは競馬予想サイトではありません。
あくまで「あなたが考えて予想をする事」に変わりありません。
その的中率を上げる為、レース前日の18時以降に、誰でも分かる形で出走馬の評価を数値化してを提供してくれる無料サービスです。

それはうまコラボという競馬情報サイト!
独自のロジックではじき出した「コラボ指数」という数値を用いて出走馬の期待値を出してくれます。

»無料登録はこちらから。

例えば、その的中率は以下の通り。

コラボ@指数上位6位までをBOXで購入した場合の的中率です。

2017年02月19日(日)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
69.4% 100% 55.6% 86.1% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月18日(土)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
86.1% 100% 55.6% 83.3% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月13日(月)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
75% 91.7% 66.7% 83.3% 66.7% 41.7% 41.7%

このように平均よりかなり高い確率を示しています。
過去のデータもすべてを公表していますので、正式なデータであることが証明されています。

指数の定義

コラボ@指数は、4つの優良な情報を掛け合わせていい所取りをした指数です。
最も信頼できる馬の指数は[04]
最も信頼できない馬の指数は[72]となり、
指数が少なければ少ないほど、馬券に絡む可能性が高くなります。

指数の使い方

基本の考え方としては、指数6位以内の馬が、2着以内に入る可能性が非常に高いです。

3着以内を考えても、
比較的指数6位以内の馬で決着することが多いということを考えると、
指数6位以内の馬の馬連BOX、または3連複BOXが中心となります。

モチロン、他馬券種への応用もOKです、
上記点を意識した上で他馬券種への応用を行ってみて頂ければと思います。

登録はメールアドレスだけ。
YahooメールやGmailのようなフリーメールでもOKです。
»無料登録はこちらから。
にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ