初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識

競馬初心者向けに、最低限知っておきたい基本的な競馬予想の方法・考え方、馬券の買い方・レース傾向などを気の向くままに書いています。

小倉競馬場の特徴

time 2016/10/21

小倉競馬場の特徴

小倉競馬場の特徴

典型的な平坦小回りコース

九州唯一のJRA競馬場。福島競馬場に次ぐ小ささで直線は293m。直線は平坦で坂は設けられていない。
コースの特徴は、2コーナーかけて約3m高低差を上る。そして2段階の下り勾配を経て平坦な直線コースへと向かう。3~4コーナーは1999年にスピードを落とさずに回れるスパイラルカーブが導入された。
基本的には先行有利だが、馬場が荒れる開催後半は外差しも届く。

距離別のポイント

芝1000m

3~4コーナーに高低差1mの下りがある以外はフラットなコース。スピードが出やすく内枠の逃げ・先行馬が圧倒的に強い。

芝1200m

2段階の下り勾配で加速し、スパイラルカーブでスピードを落とすこと無く直線に向かう。基本的には逃げ先行が有利で、スピードに乗った先行馬が前々から雪崩れるこむパターンが多い。先行争いが激しくなる展開なら差しも届く。

芝1800m

前半はスロ~平均ペースで上がり勝負になることが多いが、馬場状態の良い開催前半では内枠、逃げ・先行馬が有利。

芝2000m

枠順は内枠、逃げ・先行有利。施行数の大半を占める3歳未勝利、古馬500万下では追い込みが1回も決まっていない。そのため後ろから勝負を決めるのは極めて難しい。

ダート1000m

逃げ・先行有利で、馬群に包まれにくい中・外枠の成績が良い。

ダート1700m

スタートから1コーナーまでの直線距離は343mあるためペースは落ち着きやすい。逃げ・先行有利だが、4コーナーで好位につける差し馬も好走する。

ダート2400m

基本は逃げ・先行有利。最後は全頭がバテるのでゴールになだれ込むような決着に成りやすく、前にいる馬が有利になる。コーナーを6回回るので内々を回った馬が有利。

函館競馬場の脚質割合

集計:2011~2015年の全レース

場所・距離 レース数 逃げ 先行 差し 追込 マクリ
小倉・芝1200m 405 16.3% 49.3% 30.2% 4.1% 0.2%
小倉・芝1700m 8 12.5% 50.0% 37.5% 0.0% 0.0%
小倉・芝1800m 201 12.7% 47.3% 27.9% 6.7% 5.5%
小倉・芝2000m 186 9.7% 50.8% 31.2% 3.0% 5.4%
小倉・芝2600m 43 12.8% 46.5% 26.7% 8.1% 5.8%
小倉・ダ1000m 202 29.5% 53.7% 15.6% 1.2% 0.0%
小倉・ダ1700m 403 19.0% 49.3% 23.3% 2.5% 6.1%
小倉・ダ2400m 25 14.0% 58.0% 12.0% 8.0% 8.0%
843 13.8% 49.0% 29.8% 4.6% 2.9%
ダート 630 22.1% 51.0% 20.4% 2.3% 4.2%
全体 1473 17.3% 49.9% 25.8% 3.6% 3.5%

競馬で手っ取り早く的中率を上げる方法

これから紹介するのは競馬予想サイトではありません。
あくまで「あなたが考えて予想をする事」に変わりありません。
その的中率を上げる為、レース前日の18時以降に、誰でも分かる形で出走馬の評価を数値化してを提供してくれる無料サービスです。

それはうまコラボという競馬情報サイト!
独自のロジックではじき出した「コラボ指数」という数値を用いて出走馬の期待値を出してくれます。

»無料登録はこちらから。

例えば、その的中率は以下の通り。

コラボ@指数上位6位までをBOXで購入した場合の的中率です。

2017年02月19日(日)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
69.4% 100% 55.6% 86.1% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月18日(土)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
86.1% 100% 55.6% 83.3% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月13日(月)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
75% 91.7% 66.7% 83.3% 66.7% 41.7% 41.7%

このように平均よりかなり高い確率を示しています。
過去のデータもすべてを公表していますので、正式なデータであることが証明されています。

指数の定義

コラボ@指数は、4つの優良な情報を掛け合わせていい所取りをした指数です。
最も信頼できる馬の指数は[04]
最も信頼できない馬の指数は[72]となり、
指数が少なければ少ないほど、馬券に絡む可能性が高くなります。

指数の使い方

基本の考え方としては、指数6位以内の馬が、2着以内に入る可能性が非常に高いです。

3着以内を考えても、
比較的指数6位以内の馬で決着することが多いということを考えると、
指数6位以内の馬の馬連BOX、または3連複BOXが中心となります。

モチロン、他馬券種への応用もOKです、
上記点を意識した上で他馬券種への応用を行ってみて頂ければと思います。

登録はメールアドレスだけ。
YahooメールやGmailのようなフリーメールでもOKです。
»無料登録はこちらから。
にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ