初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識

競馬初心者向けに、最低限知っておきたい基本的な競馬予想の方法・考え方、馬券の買い方・レース傾向などを気の向くままに書いています。

初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識 > 競馬の基礎知識 > 斤量差によるレースへの影響を知っておこう

斤量差によるレースへの影響を知っておこう

time 2016/08/16

斤量差によるレースへの影響を知っておこう

斤量の意味

騎手の体重と鞍などの装備を合わせた競争馬が背負う総重量を「斤量(きんりょう)」と言います。かつてキロではなく斤(600g)単位で表示していた頃の名残です。
この重量の増減がレースに影響することがあるので、競馬予想をする上で重要なチェックポイント。
出走馬の負担重量はレース毎に定められ、規定の重量に満たない場合は騎手が鉛を身につけたり、動作に支障のない範囲で鞍に鉛を付けるなどして調整をします。

負担重量によるレース分類

馬齢重量戦

馬齢と性別のみで負担重量が決定されるレース。重賞馬もやっと昇級したばかりの馬も同じように扱われて負担重量が決められるため、馬同士の能力差が顕著に現れる傾向にある。
3歳以上戦では牝馬は牡馬より2kg軽い負担重量になる。

中央競馬の馬齢重量の規定

馬齢・性別 2歳 3歳
~9月 10~12月 ~9月 10~12月
牡・せん馬 54kg 55kg 56kg 57kg
牝馬 54kg 55kg

※平地競走(障害レース以外の競走)の場合

別定重量戦

競争毎に固有の重量を定められている。
馬齢や性別で基礎重量を決める定量制と、過去の収得賞金額、勝利度数または特定の競走の勝利などによって重量を加増する賞金別定がある。獲得賞金の多い馬は賞金別定では負担重量が増えるため不利になる。

定量戦

別定重量線の内、収得賞金に関係なく、馬齢と性別だけで負担重量が決まるレース。G1レースは基本的にこれに当たる※。
※朝日杯FS、阪神JF、秋華賞、菊花賞は除く

ハンデ戦

ハンデキャップ競走の事。出来るだけ出走馬に均等にチャンスを与える事を目的としたレース。出走するには競馬番組で定められている期間内(おおよそ1年)に1回以上出走していることが条件。ハンデキャッパーというハンデ設定者の判断で、なるべく互角の勝負がになるようなに考えられて斤量がつけられる。

斤量差によるレースへの影響

1キロ1馬身を基本にして考える

一般的に負担重量の1キロ増加は、

短距離=半馬身
中距離=1馬身
長距離=2馬身

に相当すると言われています。

タイムにどのくらいの影響が出るのか?

競馬では基本的に「1キロ≒1馬身≒0.2秒」という考え方があります。時計を比較する場合はこれを頭に置くと予想しやすいでしょう。

トップハンデ

ハンデ戦で最も重いハンデを背負う馬のこと。能力を認められた証拠でもあるので高評価を与えても良いと思いますが、他馬とのハンデ差が5kg以上ある場合は不利であると言えます。上記の例に倣えば1秒差の負担になるので無視できない斤量差になってきます。
また、馬齢重量戦を例にすると、古馬の牡馬は57キロ、牝馬は55キロを背負うので、それ以上の負担になると予想のマイナス材料にして良いでしょう。

ハンデもらい

前走で凡走した結果軽いハンデをつけられた馬のこと。但し、軽ハンデは能力的に劣ると判断されてのことなので、1度の凡走くらいで軽ハンデになることはないです。

ハンデ戦で買うべき馬は?

当然注目はトップハンデ。成績だけでなく馬の状態を誰より一番近い位置で見たプロがトップハンデと判断する馬の実力は折り紙付き。多少のハンデがあっても物ともしない位の強さをもっていると期待出来ます。
実際、ハンデキャッパーから実力上位と判断された馬順に即したような結果になることが多いです。
しかし、高低差があるコースではハンデ重量はより大きい負担になったりするので、当日のパドックや仕上がりも含めて穴馬を狙いに行くことも醍醐味の1つです。

距離別で多少傾向が違う

短距離(1400m以下)では斤量の影響が強く出る前に決着してしまうせいなのか、軽いハンデ(斤量53kg以下)の馬が好走する傾向があります。短距離では軽ハンデの馬を買い目に入れても良いでしょう。

中距離(1600m~1800m程度)になると、ハンデが重たい馬の成績が優秀な傾向にあります。

2000m以上でもハンデが重い馬の方が有利な傾向が強くなります。
GⅡレースに多い2000m台後半のレースだと、距離適性にも注目する必要があります。長距離適性のある斤量53kg以下のような軽ハンデの馬にも勝機が高くなり、55kg前後程度の中ハンデを付けられた馬が一番中途半端。長距離では思い切って軽ハンデの馬を買い目に入れるのも良いと思います。

競馬で手っ取り早く的中率を上げる方法

これから紹介するのは競馬予想サイトではありません。
あくまで「あなたが考えて予想をする事」に変わりありません。
その的中率を上げる為、レース前日の18時以降に、誰でも分かる形で出走馬の評価を数値化してを提供してくれる無料サービスです。

それはうまコラボという競馬情報サイト!
独自のロジックではじき出した「コラボ指数」という数値を用いて出走馬の期待値を出してくれます。

»無料登録はこちらから。

例えば、その的中率は以下の通り。

コラボ@指数上位6位までをBOXで購入した場合の的中率です。

2017年02月19日(日)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
69.4% 100% 55.6% 86.1% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月18日(土)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
86.1% 100% 55.6% 83.3% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月13日(月)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
75% 91.7% 66.7% 83.3% 66.7% 41.7% 41.7%

このように平均よりかなり高い確率を示しています。
過去のデータもすべてを公表していますので、正式なデータであることが証明されています。

指数の定義

コラボ@指数は、4つの優良な情報を掛け合わせていい所取りをした指数です。
最も信頼できる馬の指数は[04]
最も信頼できない馬の指数は[72]となり、
指数が少なければ少ないほど、馬券に絡む可能性が高くなります。

指数の使い方

基本の考え方としては、指数6位以内の馬が、2着以内に入る可能性が非常に高いです。

3着以内を考えても、
比較的指数6位以内の馬で決着することが多いということを考えると、
指数6位以内の馬の馬連BOX、または3連複BOXが中心となります。

モチロン、他馬券種への応用もOKです、
上記点を意識した上で他馬券種への応用を行ってみて頂ければと思います。

登録はメールアドレスだけ。
YahooメールやGmailのようなフリーメールでもOKです。
»無料登録はこちらから。
にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ