初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識

競馬初心者向けに、最低限知っておきたい基本的な競馬予想の方法・考え方、馬券の買い方・レース傾向などを気の向くままに書いています。

新潟競馬場のコースの特徴

time 2016/10/04

新潟競馬場のコースの特徴

新潟競馬場の特徴

国内最大の外回りと直線

外回りコースは1周2223m、直線は659mと日本最大のスケールを有している。平坦で直線が長い構成なので純粋なスピード能力が求められる。1000mの直線競馬が見られるのも日本では新潟競馬場だけとなっている。
水はけの良い土地に作られたので雨が降っても芝は重くなりすぎず、時計があまりかからない傾向がある。コースレコードも他の競馬場に比べて2~3秒速く、スピード感のある競馬が楽しめる。

決め手のある差し・追い込み馬が活躍

外回りはどの距離も1コーナーまで十分な距離があり、曲がるコーナーは2つだけという構成。最後の直線が659mと長く、騎手もそれを意識するせいか前半はスローペースになりやすい。その為、直線に入ってからヨーイドンの上がりの競馬になることが多い。
内回りも外回りに比べればコンパクトだが、直線は359mと中山競馬場よりも長く、外回りに比べれば逃げ・先行馬の出番は増える。

距離別のポイント

芝1000m(直線)

以前よりも外枠有利ではなくなったが、開催が進むと芝の荒れやすい内枠は不利になる場合があり、スタート後一斉に外側に進路をとる。結果を見ても中枠〜外枠が好成績を収めている。
追い込み馬が勝つことは少ないが、中団からであれば十分に届くため先行にこだわる必要はない。

芝1200m・内回り

最初のコーナーまでは448mと長く枠順の有利不利はない。3〜4コーナーがスパイラルカーブで緩やかな下り坂ということもあり、スピードが落ちないまま直線に入るためハイペースになりやすく、短距離戦だが比較的差しが決まりやすい。逃げ切りは難しいが先行馬が有利。

芝1400m・内回り

3コーナーまでの直線距離は648mと長いが、ハイペースになりやすく先行馬だけでなく差し馬も活躍する傾向がある。

芝2000m・内回り

主に3歳未勝利戦で使用されるコース。最初の直線は長いがハイペースになりやすく、コーナーを4回回るため時計がかかる。末脚の鋭い馬を軸に、逃げ・先行の前残りを選ぶのが基本。

芝2000m・外回り

古馬戦専用コース。3コーナーまでの直線距離は948mと非常に長く先行争いは穏やか。
勝負は最後の直線で決まるため、殆どのレースでは切れ味の鋭い差し・追い込み馬が有利で逃げ・先行馬はが不利。いい脚を長く使える馬を見つけることが重要。

芝2200m・内回り

1コーナーまでの直線距離は637mと長いためペースは落ち着きやすい。直線が短い内回りを意識して後続馬も早めに動くため、逃げ馬は厳しく先行馬と中団待機の差し馬の活躍が目立つ。

芝2400m・内回り

スタンド前の2200mのスタートを200m延ばした形。 基本的には2200mと同じ展開で、持ち時計の速い馬、速い上がりタイムのある馬を選びたい。

ダート1200m

3コーナーまでの直線距離は525m。 最後の直線も354mとローカルとしてはスケールが大きい。直線が平坦なこともあり、勝ち馬の大半の脚質は逃げ・先行馬で、特に内~中枠が強い。

ダート1800m

1~2コーナーのカーブがキツイため、道中のペースは落ち着きやすく馬群が縦長になりやすい。1コーナーまでの位置取りが重要で、内枠の逃げ・先行馬が有利。外々を回らされる馬や後方の馬には厳しいコースだが、1200mに比べれば差し馬の勝利の余地がある。

新潟競馬場の脚質割合

集計:2012~2015年の全レース

場所・距離 レース数 逃げ 先行 差し 追込 マクリ
新潟・芝1000m 140 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
新潟・芝1200m 98 15.8% 34.7% 41.3% 8.2% 0.0%
新潟・芝1400m 121 12.4% 46.3% 31.0% 10.7% 0.0%
新潟・芝1600m 174 7.8% 33.6% 42.0% 16.4% 0.3%
新潟・芝1800m 154 9.1% 31.8% 42.5% 16.6% 0.0%
新潟・芝2000m 141 12.8% 32.6% 41.1% 12.8% 0.7%
新潟・芝2200m 53 14.2% 38.7% 35.8% 8.5% 2.8%
新潟・芝2400m 41 15.9% 41.5% 34.1% 6.1% 2.4%
新潟・ダ1200m 362 24.2% 48.9% 22.2% 4.8% 0.0%
新潟・ダ1700m 5 20.0% 50.0% 20.0% 0.0% 10.0%
新潟・ダ1800m 404 18.9% 52.2% 21.3% 4.7% 2.8%
新潟・ダ2500m 6 41.7% 41.7% 0.0% 8.3% 8.3%
922 9.8% 30.5% 33.4% 10.8% 0.4%
ダート 777 21.6% 50.6% 21.6% 4.8% 1.6%
全体 1699 15.2% 39.7% 28.0% 8.1% 1.0%

※芝1000mは直線コースのため脚質の判定は無し

競馬で手っ取り早く的中率を上げる方法

これから紹介するのは競馬予想サイトではありません。
あくまで「あなたが考えて予想をする事」に変わりありません。
その的中率を上げる為、レース前日の18時以降に、誰でも分かる形で出走馬の評価を数値化してを提供してくれる無料サービスです。

それはうまコラボという競馬情報サイト!
独自のロジックではじき出した「コラボ指数」という数値を用いて出走馬の期待値を出してくれます。

»無料登録はこちらから。

例えば、その的中率は以下の通り。

コラボ@指数上位6位までをBOXで購入した場合の的中率です。

2017年02月19日(日)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
69.4% 100% 55.6% 86.1% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月18日(土)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
86.1% 100% 55.6% 83.3% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月13日(月)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
75% 91.7% 66.7% 83.3% 66.7% 41.7% 41.7%

このように平均よりかなり高い確率を示しています。
過去のデータもすべてを公表していますので、正式なデータであることが証明されています。

指数の定義

コラボ@指数は、4つの優良な情報を掛け合わせていい所取りをした指数です。
最も信頼できる馬の指数は[04]
最も信頼できない馬の指数は[72]となり、
指数が少なければ少ないほど、馬券に絡む可能性が高くなります。

指数の使い方

基本の考え方としては、指数6位以内の馬が、2着以内に入る可能性が非常に高いです。

3着以内を考えても、
比較的指数6位以内の馬で決着することが多いということを考えると、
指数6位以内の馬の馬連BOX、または3連複BOXが中心となります。

モチロン、他馬券種への応用もOKです、
上記点を意識した上で他馬券種への応用を行ってみて頂ければと思います。

登録はメールアドレスだけ。
YahooメールやGmailのようなフリーメールでもOKです。
»無料登録はこちらから。
にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ