初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識

競馬初心者向けに、最低限知っておきたい基本的な競馬予想の方法・考え方、馬券の買い方・レース傾向などを気の向くままに書いています。

東京競馬場のコースの特徴

time 2016/09/21

東京競馬場のコースの特徴

東京競馬場の特徴

長い直線

芝コースは主要4場(東京・中山・京都・阪神)の中で最も大きく、最後の直線は525.9mと新潟競馬場に次ぐ2番めの長さ。逃げ馬には最後まで粘り切る脚力と精神力が求められる。

2度の坂越え

1コーナーから向こう正面半ばまでは長く緩やかな下りだが、3コーナー手前に高低差1.5mの坂が待ち構える。これを上り切ると短い平坦部分をはさんでふただび下り勾配、さらに4コーナーの手前からは再び上りとなる。
ゴール手前で2.1上る勾配は「だらだら坂」と呼ばれる難所で非力な馬には堪える。ごまかしの効かないタフなコースで展開の利だけは簡単に勝てない。

ダートコースは日本一のスケール

アップダウンの構成は芝と同じだがゴール手前の勾配は2.4mと芝コースよりキツく、スピードだけで無くタフな心肺能力が要求される。

距離別のポイント

芝1400m

スタート地点から3コーナーまでの距離は300mと短いが、急坂があるせいか、あまりハイペースにならない。そのため各馬が余力を持って直線に入り、ヨーイドンで上がりの勝負になりやすい。真ん中より内側の枠に思い通りのポジションが取りやすく有利な傾向があるが、速い上がりが使えるのが一番

芝1600m

安田記念、ヴィクトリアマイル、NHKマイルカップなど最強マイラー決定戦の舞台となる。
スタート地点のバックストレッチが長いため、枠順の有利不利はない。スタートから緩やかな下りが続き、3コーナーまで約550mほどの直線ため自然とペースが速くなりやすい。3コーナー手前でいったん坂を登り、再度下りの状態でコーナーに突入するため息が抜けない。
短距離に分類される距離だが、中距離を走れるくらいのスタミナが要求されるコースなので逃げ切るのは難しいとされている。
以上の通リハイペースになりやすい傾向があるので脚質は差し馬の方が有利

芝1800m

スタートは1コーナーと2コーナーの間のポケット地点で、約150m進んだ所で向こう正面の直線に出る。ここまでポジション争いは激しくなるのもの、全体的スローペースで流れる傾向があり、ロスなく走れる内枠有利の傾向。外枠の先行馬は馬群の外を走らされるので不利になってしまう。
スローペースになりやすいので、速い上がりの脚を使えるかどうかが勝敗を分ける。

芝2000m

約100mで2コーナーのカーブに差しかかかるので外枠の馬が内に入るのは難しい。従って外枠の逃げ・先行馬にとっては難しいコース。一般的に内枠が有利だとされている。

芝2400m

日本ダービー、オークス、ジャパンカップという国内最高峰G1のレースの舞台。
スタートから正面スタンドまでの距離が長いので、枠順による有利不利はない。
最後の直線が長いため、逃げ・先行馬が押し切ることは難しく、差しが決まりやすい。馬券は鋭い末脚を使える差し馬を狙うのが良い。

ダート1300m

東京競馬場のみで開催される距離。展開的には1200mのレースと変わらない。
スタート地点から3コーナーまで340mあるので、外枠の先行馬でも不利にならない。ペースは比較的落ち着きやすくスピードのある逃げ・先行馬の成績が良い。

ダート1400m

1300m戦とコース形態が近いが、下りスタートで上りに差し掛かるまで300m近く走る。ハイペースに乗りきれる粘り強さやスタミナも要求される。
逃げ・先行有利なのは変わらないが、上のクラスになるほど差し馬が台頭する傾向に有る。

ダート1600m

フェブラリーステークス(G1)のコース。スタート直後が芝コースでダートの本線までに150mほど芝を走るため、ダート専用馬は苦戦する場合がある。芝で加速をつけてスピードに乗せることが重要なのでスタートダッシュが非常に重要。
基本的には逃げ・先行が有利だが、1300,1400mに比べれば差し馬の好走が目立つ。

ダート2100m

スタートから1コーナーまでの距離が230mと短いため、ポジション争いが熾烈になり大外枠は不利になる。
平均ペースで流れやすく、1700m〜1800m戦よりもスタミナが要求されるコースなのでスタミナを温存できる馬が強い。

東京競馬場の脚質割合

集計:2011~2015年の全レース

場所・距離 レース数 逃げ 先行 差し 追込 マクリ
東京・芝1400m 264 14.6% 34.3% 44.8% 14.7% 0.3%
東京・芝1600m 319 8.8% 31.3% 40.3% 11.0% 0.0%
東京・芝1800m 257 11.5% 34.3% 36.0% 14.4% 1.0%
東京・芝2000m 184 11.7% 32.1% 42.7% 12.2% 1.6%
東京・芝2300m 10 10.0% 45.0% 20.0% 20.0% 5.0%
東京・芝2400m 124 9.3% 29.4% 43.1% 16.5% 1.6%
東京・芝2500m 10 0.0% 40.0% 60.0% 0.0% 0.0%
東京・芝3400m 5 10.0% 10.0% 70.0% 0.0% 10.0%
東京・ダ1300m 142 13.0% 41.9% 36.6% 8.5% 0.0%
東京・ダ1400m 428 14.0% 45.2% 29.0% 11.9% 0.1%
東京・ダ1600m 493 11.8% 43.9% 32.7% 11.9% 0.0%
東京・ダ2100m 157 11.8% 46.2% 31.5% 8.3% 2.5%
東京・ダ2400m 5 10.0% 40.0% 30.0% 20.0% 0.0%
1173 11.1% 33.3% 41.4% 13.5% 0.8%
ダート 1225 12.7% 44.4% 31.7% 31.7% 0.4%
全体 2398 11.9% 39.0% 36.4% 12.2% 0.6%

競馬で手っ取り早く的中率を上げる方法

これから紹介するのは競馬予想サイトではありません。
あくまで「あなたが考えて予想をする事」に変わりありません。
その的中率を上げる為、レース前日の18時以降に、誰でも分かる形で出走馬の評価を数値化してを提供してくれる無料サービスです。

それはうまコラボという競馬情報サイト!
独自のロジックではじき出した「コラボ指数」という数値を用いて出走馬の期待値を出してくれます。

»無料登録はこちらから。

例えば、その的中率は以下の通り。

コラボ@指数上位6位までをBOXで購入した場合の的中率です。

2017年02月19日(日)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
69.4% 100% 55.6% 86.1% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月18日(土)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
86.1% 100% 55.6% 83.3% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月13日(月)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
75% 91.7% 66.7% 83.3% 66.7% 41.7% 41.7%

このように平均よりかなり高い確率を示しています。
過去のデータもすべてを公表していますので、正式なデータであることが証明されています。

指数の定義

コラボ@指数は、4つの優良な情報を掛け合わせていい所取りをした指数です。
最も信頼できる馬の指数は[04]
最も信頼できない馬の指数は[72]となり、
指数が少なければ少ないほど、馬券に絡む可能性が高くなります。

指数の使い方

基本の考え方としては、指数6位以内の馬が、2着以内に入る可能性が非常に高いです。

3着以内を考えても、
比較的指数6位以内の馬で決着することが多いということを考えると、
指数6位以内の馬の馬連BOX、または3連複BOXが中心となります。

モチロン、他馬券種への応用もOKです、
上記点を意識した上で他馬券種への応用を行ってみて頂ければと思います。

登録はメールアドレスだけ。
YahooメールやGmailのようなフリーメールでもOKです。
»無料登録はこちらから。
にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ