初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識

競馬初心者向けに、最低限知っておきたい基本的な競馬予想の方法・考え方、馬券の買い方・レース傾向などを気の向くままに書いています。

競馬初心者によくある勘違い

time 2016/07/15

競馬初心者によくある勘違い

まずは競馬というギャンブルを正しく理解すること

競馬で儲ける=「的中率が高い」は間違い!?

競馬を初めて間もない頃は、「競馬で儲けている人は毎週のように的中を連発しているんだろうな。」と思っていました。
ですが競馬を初めて数年後、実際に競馬で毎年黒字になっている何人かに話を聞いた時、それは勝手な勘違いだったと気付きました。

競馬初心者によくある勘違い

競馬には「的中率」と「回収率」の2つが、自身の勝負の成績の指標になる訳ですが、どちらも高い人はほぼ100%居ません。
そして一般的に競馬で儲けている人は、的中率が6~7割以上と大体のレースを当てているように思われていますが、そんな人はまず居ません。本命ばかり買えば別ですが、そのような買い方では少しずつ損をしていく可能性が非常に高いです。実際には10~20%程度が多いと思います。

競馬はスポーツとしての側面もありますが、あくまでギャンブルです。
純粋な運だけの勝負では1~2ヶ月の短期的であれば勝てたとしても1~2年単位で見れば必ず負けます。
競馬で負ける人が、勝てる人に近づくために必要な事は「レース選び」と「買い方」です。

勝てる人は、勝負すべきと判断した時にだけ動き、買い方もなるべく損が出ない買い方をしています
好きな馬が出走するから、G1レースだから参加する、本命ばかり買う、等のように多くの人が行うような競馬はしません。
もちろん、そうやって純粋な娯楽として楽しんでいる方も沢山いるから競馬が成り立っているわけですが、お金を儲けようとするならばダメです。

ギャンブルの基本「テラ銭」「控除率」

ギャンブルの場を提供する者に対して支払われる金銭の事を「テラ銭」といいます。「寺銭」とも書き、これは江戸時代に取締りが緩い寺社の境内で賭博を行い、利益の一部を寺社に寄進していた事が由来だと言われています。
そしてギャンブルの運営者(胴元)が、客に配分せず自らの利益と出来る割合を控除率。つまりテラ銭の割合(胴元の取り分)はギャンブルの種類によって異なります。

代表的なギャンブルの控除率

カジノ全般:約3%
パチンコ:約15%
競馬・競艇・オートレース:約25%
toto:約50%
宝くじ:約55%

一般的にはこのように言われています。
控除率を競馬を例にすると、「1000円掛けた場合、250円が胴元に流れて残りの750円が自分の取り分」となります。
これが殆どの人がギャンブルが勝てない理由です。平均して毎回行う毎に掛け金の約25%を失うように出来ているのが競馬という訳です。

競馬初心者がやってしまう損する買い方

このように、普通に遊んでいては負けるように出来ていますが、競馬が他のギャンブルと違うのは「自分で掛け金とオッズの選択度の自由さ」です。そこが運否天賦の宝くじや店側の都合で操作出来るパチンコと違って、一握りの勝てる人間が存在できる理由です。

買い目が少ない

初心者がよくやる買い方が、単勝や馬連1点勝負です。1頭、もしく2~3頭の強い馬がいるレースで、それらの馬に1点に数万円を賭けるという馬券購入方法です。
純粋な遊びならば非常に盛り上がる買い方かもしれませんが、これでは上記のテラ銭の通リになってしまいます。

私は基本的には高額を少数に賭けるのではなく、少額を多数に分けるのが良いと考えています。オッズを見て負けになりにくい点数で、最低でも10~20点以上の場合が多いです。

但し基本的に多点買いの場合、本命・もしくはそれに近い馬が勝った場合は赤字になります。
その為、多点買いで勝つにはある程度高いオッズを狙う必要がありますが、そういったレースの数は決して多くはありません。まあ大体のレースは本命サイドのオッズが低めの馬が勝利するので、最終的にはオッズの低い馬が勝ちそうだと判断したら、敢えてそこへは取りに行かないという選択する力も必要になってきます。

狙うオッズが低い

そういった初心者が狙う馬は当然多くの人も注目しています。単勝・馬連でもオッズが2~3倍とか。
少しでも競馬をやったことのある人なら分かると思いますが、相当競馬歴の長い人でも実際は的中させるのは本当に難しく、本命の馬が早々に馬群に沈むことなど日常茶飯事です。
外れることが当たり前。そんなリスクの中、競馬で儲けようとしているのに低いオッズにしか勝負を賭けないのは愚の骨頂です。

もっとも、熟慮を重ねて厳選した本命レースのみに大金をつぎ込むという方法もあると思いますが、そんな勝負が出来る心臓を持っている人はそうは居ないでしょう。私だったら数レースで心が折れてしまいます。

外れる事が当たり前の中で、どうやって勝つのか?
それは、当たれば数レース分の負けはチャラに出来るような、ある程度オッズを高い馬に賭ける事が一番の近道だと考えます。

的中率より回収率を重視して考える

競馬初心者は短期的な視点にとらわれてしまうため、目の前のレースの勝敗に一喜一憂してしまいます。
だからこそ競馬予想会社や個人ブロガーの予想にも高い的中率を求める傾向が多いですが、毎回当たるなど常識的に考えてありえないです。
高い的中率を求めるのであれば本命の馬を中心に買うしか無いですが、こうなると回収率が低くなるため、もし4~5戦連続で負けてしまった場合、この先も同じ買い方で取り返すのは難しいでしょう。

オッズを選んでリスクを取りながら、買い方でリスクを減らすのが醍醐味だと私は思っています。
極端な話、9割負けても1割の勝ちで収支をプラスに出来るのが競馬です。的中率が低くても気にしないことが勝てる予想を出しやすくなるための第一歩だと思います。

競馬で手っ取り早く的中率を上げる方法

これから紹介するのは競馬予想サイトではありません。
あくまで「あなたが考えて予想をする事」に変わりありません。
その的中率を上げる為、レース前日の18時以降に、誰でも分かる形で出走馬の評価を数値化してを提供してくれる無料サービスです。

それはうまコラボという競馬情報サイト!
独自のロジックではじき出した「コラボ指数」という数値を用いて出走馬の期待値を出してくれます。

»無料登録はこちらから。

例えば、その的中率は以下の通り。

コラボ@指数上位6位までをBOXで購入した場合の的中率です。

2017年02月19日(日)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
69.4% 100% 55.6% 86.1% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月18日(土)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
86.1% 100% 55.6% 83.3% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月13日(月)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
75% 91.7% 66.7% 83.3% 66.7% 41.7% 41.7%

このように平均よりかなり高い確率を示しています。
過去のデータもすべてを公表していますので、正式なデータであることが証明されています。

指数の定義

コラボ@指数は、4つの優良な情報を掛け合わせていい所取りをした指数です。
最も信頼できる馬の指数は[04]
最も信頼できない馬の指数は[72]となり、
指数が少なければ少ないほど、馬券に絡む可能性が高くなります。

指数の使い方

基本の考え方としては、指数6位以内の馬が、2着以内に入る可能性が非常に高いです。

3着以内を考えても、
比較的指数6位以内の馬で決着することが多いということを考えると、
指数6位以内の馬の馬連BOX、または3連複BOXが中心となります。

モチロン、他馬券種への応用もOKです、
上記点を意識した上で他馬券種への応用を行ってみて頂ければと思います。

登録はメールアドレスだけ。
YahooメールやGmailのようなフリーメールでもOKです。
»無料登録はこちらから。
にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ