初心者でも分かる競馬予想と馬券の基礎知識

競馬初心者向けに、最低限知っておきたい基本的な競馬予想の方法・考え方、馬券の買い方・レース傾向などを気の向くままに書いています。

阪神競馬場のコースの特徴

time 2016/09/28

阪神競馬場のコースの特徴

阪神競馬場の特徴

ゴール前の急坂

2006年に従来の3~4コーナーの外側に外回りコースを新設。新設された外回りコースの1周距離は2089mにも及び、日本屈指のスケールの競馬場に生まれ変わった。内回りと外回りが出来たことで馬場状態が悪化する速度も遅くなり、開催の後半でも以前ほど荒れた馬場を気にする必要が無くなった。
内回りは残り800m、外回りでは残り600mから急な上り坂が待ち受けている。高低差は1.8mだが勾配は1.5%と高く、中山競馬場(1.6%)に匹敵する急坂となっている。

スパイラルカーブの導入

コーナーのカーブがきつく、ゴチャつく危険性が指摘されていた1~2コーナーでは、芝・ダート共にスパイラルカーブが導入された。
このカーブは入り口のカーブが緩やかで出口がキツイ形になっていて、スピードを落とさずに曲がれるが、カーブ出口で外にふくらみ、最後の直線で馬群がバラけやすい形になっている。これにより改修前に比べてフェアで紛れが少ないコースになった。

距離別のポイント

芝1200m・内回り

内回りで3コーナーまでの距離が243mと短いため、真ん中より内枠の逃げ・先行馬が有利。
3コーナー過ぎの残り900m地点から直線半ばまで下りが続いたあと、ゴール前残り約200m地点に急坂があるため逃げ切りは難しく、他場の1200mよりも差しが決まりやすいのが特徴。

芝1400m・外回り

外回りは内回りよりゴール前の直線が120m近く長くなるため、差し・追い込みの好走も多く、逃げ馬の勝率は低くなる。クラスが上がるに連れてその傾向が強くなる。

芝1600m・外回り

桜花賞・阪神ジュベナイルフィリーズといった牝馬G1のコース。コースの改修により、2006年12月から内回りから外回りになり、スタートから444mと、最後の474mの2本の長い直線とコーナーが2回というコースに変わった。
外枠不利の解消が期待されたが、3コーナーまでは馬群が団子状のまま進むことが多いため依然内枠有利。直線は長いもののペースは落ち着く傾向があるので、差し・追い込みが届かないこともあり、脚質の有利不利はペースに左右される。

芝1800m・外回り

芝1600mのスタート地点から1ハロン延ばしたコース。 最初のコーナーまで600mあるので枠順の有利不利は無い。、外回りで直線が長いためスローペースになりやすく、先行力があり速い上がりを出せる馬が向いている。

芝2000m・内回り

2006年の改装前と同様のコース形態。スタート直後が上り坂ということもあって平均~スローペースになりやすい。
逃げ・先行馬有利なコースで、距離ロスのない内枠が有利。

芝2200m・内回り

宝塚記念のコースで、外回り4コーナー出口からスタートして内回りを1周する。
スタート直後から緩い下り坂なので前半から速いラップで馬群が縦長になりやすい。早いペースになるので最後は瞬発力勝負になるが、直線が短いため後方から一気に差を縮めることは難しく、スピードを持続できる先行馬に向いている差し馬は早めに仕掛けて4コーナーで好位置に居ないと厳しい。

芝3000m・内回り

年に1回、阪神大賞典でしか使われないコース。スタートからゴールまでは約1周半でコーナーを6度通過する。
2度の坂超えと距離を克服できるスタミナが必要なので距離適正と実績を重視して馬を選びたい。

阪神競馬場の脚質割合

集計:2011~2015年の全レース

場所・距離 レース数 逃げ 先行 差し 追込 マクリ
阪神・芝1200m 115 17.4% 40.9% 31.3% 10.4% 0.0%
阪神・芝1400m 193 16.6% 34.2% 38.3% 10.6% 0.3%
阪神・芝1600m 221 10.2% 35.3% 42.5% 11.5% 0.5%
阪神・芝1800m 224 8.3% 33.3% 43.1% 15.0% 0.7%
阪神・芝2000m 159 14.2% 38.1% 34.6% 11.6% 1.9%
阪神・芝2200m 58 13.8% 37.1% 36.2% 9.5% 3.4%
阪神・芝2400m 71 7.7% 38.0% 42.3% 10.6% 1.4%
阪神・芝3000m 5 0.0% 60.0% 30.0% 0.0% 10.0%
阪神・ダ1200m 303 19.6% 49.7% 25.9% 5.1% 0.0%
阪神・ダ1400m 332 16.4% 47.0% 30.9% 5.9% 0.0%
阪神・ダ1800m 513 18.4% 50.9% 23.6% 4.5% 2.7%
阪神・ダ2000m 54 8.3% 60.2% 25.0% 4.6%  1.9%
1046 12.3% 36.1% 39.0% 11.8% 0.9%
ダート 1202 17.7% 49.9% 26.2% 5.0% 1.2%
全体 2248 15.2% 43.5% 32.2% 8.2% 1.1%

競馬で手っ取り早く的中率を上げる方法

これから紹介するのは競馬予想サイトではありません。
あくまで「あなたが考えて予想をする事」に変わりありません。
その的中率を上げる為、レース前日の18時以降に、誰でも分かる形で出走馬の評価を数値化してを提供してくれる無料サービスです。

それはうまコラボという競馬情報サイト!
独自のロジックではじき出した「コラボ指数」という数値を用いて出走馬の期待値を出してくれます。

»無料登録はこちらから。

例えば、その的中率は以下の通り。

コラボ@指数上位6位までをBOXで購入した場合の的中率です。

2017年02月19日(日)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
69.4% 100% 55.6% 86.1% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月18日(土)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
86.1% 100% 55.6% 83.3% 55.6% 38.9% 38.9%
2017年02月13日(月)の的中率
単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
75% 91.7% 66.7% 83.3% 66.7% 41.7% 41.7%

このように平均よりかなり高い確率を示しています。
過去のデータもすべてを公表していますので、正式なデータであることが証明されています。

指数の定義

コラボ@指数は、4つの優良な情報を掛け合わせていい所取りをした指数です。
最も信頼できる馬の指数は[04]
最も信頼できない馬の指数は[72]となり、
指数が少なければ少ないほど、馬券に絡む可能性が高くなります。

指数の使い方

基本の考え方としては、指数6位以内の馬が、2着以内に入る可能性が非常に高いです。

3着以内を考えても、
比較的指数6位以内の馬で決着することが多いということを考えると、
指数6位以内の馬の馬連BOX、または3連複BOXが中心となります。

モチロン、他馬券種への応用もOKです、
上記点を意識した上で他馬券種への応用を行ってみて頂ければと思います。

登録はメールアドレスだけ。
YahooメールやGmailのようなフリーメールでもOKです。
»無料登録はこちらから。
にほんブログ村 競馬ブログ 初心者競馬ファンへ